忍者ブログ
PBWシルバーレインのPC(プレイヤーキャラクター) 黒山・白児の活動及び報告及び記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b55947_icon_2.jpg先日、月森さんとご一緒させていただいた依頼が、
今日リプレイとなって帰ってまいりました。

・・・まぁ、なんですか。
おみくじ大事な心引き換えに【プレイング以外】
今回を含めれば、一つのシナリオを四度も書いているわけですが、
・・・それだけ、思うところの多いシナリオでした。

以下は、この依頼で思った事をつらつらと書いたものになります。



b55947_icon_4.jpg飼い主にとって、ペットとはどんな存在なのでしょうか。
いえ、絶対の答えが無いというのは、もちろん、理解しています。
ですが、考えずには居られないのも、また事実でして。
思えば今回・・・私はその事を無理に考えないよう、していた気がします。


家族と思っていようが、それ以外の感情を抱いていようが、
結局のところ、私に出来ることは限られているんだ。
少女の目をつぶらせ、拳を振り上げる事しか出来ない。
なら、それでいいじゃないか。悩むだけ、無駄なんだから。


b55947_icon_2.jpg・・・実に、卑怯な言い訳です。
結果は終着点では無い、過程を無視した結果なら、なおさらです。
いや、そもそも物事に終着点など、あるわけがない。
だったらもっと、私は考えるべきだったはずなんです。

・・・・・・。
・・・いや、やめましょう。
もし、アリョーシャさんがここを見ていたなら、きっと叱られてしまう。

『したい事とできる事を履き違えたらダメ』

過ぎた事を言った所で、それは既に出来ない事になっているんですから、ね。
さて、こんな事をくだくだと考えた結果、飼い主の少女に、
私達が何を出来たのか、気になる方はご一読下さい。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
私には
女の子にとってどうだったのか、そんなことはとても答えられません。

でも……少なくとも、犬は今天国で喜んでいると思うんです。たとえ別の意思に動かされている抜け殻であれ、自らの手で仲のよかった女の子を傷つけないで済んだんですから。

私たちは……そう、思います。
稲田琴音 2009/01/17(Sat)02:13:08 編集
きっとそれは誰もが通る道
ただ食い物にしてるのならば、ただ利用してるのならば。
何度願ったことでしょう。
リビングデッドの存在は時にリリス以上に厄介な物だと思います。
これから再び逝く者、そして残る者に私達は何が出来るのでしょうね?
依頼を受ける度、考えてはいるのですが未だに答えは見つかってません。
2009/01/17(Sat)02:24:46 編集
恐らくは・・・
稲田さんの様に、安らぎを信じることや、
水上さんの様に、尚、思い悩むことが、
何より大事なことなのかもしれません。

・・・過ぎた事とは言え、それで終えてしまわなければ次に進めるのですから、ね。
黒山・白児 URL 2009/01/17(Sat)22:56:13 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
37  36  35  34  33  32  31  30  29  28  27 
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
最新コメント
[12/03 黒山・白児]
[12/02 無髪 萌芽]
[10/05 黒山・白児]
[10/03 クラスター・ホール]
[10/03 黒山・白児]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Calamity
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/12/25
職業:
学生
趣味:
学問全般と家事
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]