忍者ブログ
PBWシルバーレインのPC(プレイヤーキャラクター) 黒山・白児の活動及び報告及び記録
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

b55947_icon_2.jpg以前、紹介した依頼が、今日、リプレイで帰ってまいりました。
あまり、語って楽しい内容ではありませんが、ね。
簡単ながら依頼の内容を説明を。
 

別荘地の一角にある屋敷。
そこで見えざる狂気に侵されたヴァンパイアは、悪趣味なゲームに興じていた。
二人一組の子供、その片方を人質に、もう片方に鍵を渡す。
捕らわれた相方を救うには、鍵が必要だ。
・・・自分以外の持つ鍵が。
もし・・・鍵を持つ方が屋敷から逃げようとしたならば・・・。
彼らが、どうなるか。
・・・・・・答えは既に、
緑の鍵を持つ子どもと、緑の錠前につながれた子供が示していた。
物言わぬ・・・死体となって。
 


・・・詳しい話は、以下の記述で語ろうと思います。

b55947_icon_2.jpg・・・私は一つ、謝らなければならないことが
今回、イセスさんや白神さんをはじめ、
多くの方から激励を受けました。


「徹底的に、やってこい」


とね。
ですが・・・結果を言ってしまえば、私は奴らに、
手傷を負わせることすら、できませんでした。


b55947_icon_5.jpg・・・これは言わなければバレないと思っていたんですが、ね、
どうも隠しても無駄なようで。
それどころか・・・私は、一撃を喰らわせる暇も無く、重傷に。
たとえ、今回の私の役目が、主戦力ではなく、
鍵の回収
、そして子供の保護だったとは言え・・・不甲斐ない限りです。


b55947_icon_4.jpgいや、実を言えば、その役目すら、
私は全うできたのかどうか、自信がないのです。
・・・身体さえ、命さえ守れれば、それで良かったのか、と。

助けられるのは、六人のうち、四人だけ。
・・・これはもう、あらかじめ、解っていた事です。
そして亡くなった二人が、残り四人のうち、二人の縁者であることも。

b55947_icon_2.jpgあの子たちは、その事を知った時・・・どう、思ったのでしょうか。
いずれ、世界結界で消える記憶とは言え、悲しみ辛さも、瞬間の事。
その時、私は何故、彼らの傍にいようと考えもしなかったのか。
・・・・・・いや、取り繕うのはやめにしましょう、答えはもう、解っていますから。

きっと・・・救えなかったから、でしょうね。
身勝手な話ですが、私は・・・恨まれるのが、怖かったんです。
希望を持たせるような言葉を避け、その癖、生きて戻った子を確認するでもなく、
結局、何がしたかったのかと言えば・・・責任逃れ以外のなにものでもない。

b55947_icon_2.jpg結果がどうあれ、私は、言うべきだった。
間に合わなくて、すまなかった、と。
赦しを乞うわけでなく、恨まれる覚悟で。
・・・私には、その恨まれる覚悟が、無かった。
無力な自分を認めたくないあまり、私は逃げをうった。
そんな自分の弱さが・・・心底、嫌になる。

・・・強く、なりたいものです。

敵にせめて一撃を加えられるぐらいに、強く、
自分の無力さを飲み込めるぐらいに、強く。
それから・・・無事に戻ってこれるぐらいに、強く。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134 
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
最新コメント
[12/03 黒山・白児]
[12/02 無髪 萌芽]
[10/05 黒山・白児]
[10/03 クラスター・ホール]
[10/03 黒山・白児]
最新トラックバック
プロフィール
HN:
Calamity
年齢:
25
性別:
男性
誕生日:
1991/12/25
職業:
学生
趣味:
学問全般と家事
バーコード
ブログ内検索
P R
忍者ブログ [PR]